コビトカバ

カテゴリ:映画( 17 )




ミッドナイト・イン・パリ

e0234968_17421330.jpg

なかなかおもしろかったです。
夢見るオーウェン・ウィルソンは、ダージリン急行でもトボケた兄さんだったけど
今回はウディ・アレン自信を投影した役ではまってる◎
セリフが多いのもいつものテンポのよさで笑わせます。

タイムスリップした先で出会う様々な芸術家たちにニヤリとするキャスト。
昔はよかった~、っていうのは時代を問わず人類共通のテーマなんだねえ・・
有名な芸術家たちが色々出てきておもしろいんだけど、
特にエイドリアン・ブロウディのダリが似すぎてて笑った!
ダリだけの番外編を見たいくらい(笑)
しかしアメリカ人には見えないねえこの人。戦場のピアニストでもそうだったけど。


あと・・名前は聞いたことあるけど・・みたいな人も出てきて見た後さっそく検索(笑)
ウディ・アレン作品て、基本上流階級とかインテリ~な感じだもんね。

20年代の衣装も素敵だったなあ~ストンとした膝丈のドレスが可愛いかった。
マリオン・コティヤールちゃん、さすがの貫禄ですね。大出世だね。
レイチェル・マクアダムスは苦手・・あのアメリカンな雰囲気が。カナダ人なんだけど。
でもカーラ・ブルーニやレア・セドゥーが綺麗だったのでよしとします。

ウディ・アレンらしく時間もほどほどに何も考えずに見られるいい映画。
後ぐされなくこざっぱり。見た後何も残らない感じがいいです(いい意味で)。
[PR]



by milou5 | 2012-06-01 17:51 | 映画

drive

ライアン・ゴズリングとキャリー・マリガン、二人とも好きだし、と軽い気持ちで見たけど…
少なくともここ二年のうちで最高!
高揚しすぎて感想がまとめられないからまたゆっくり書こう。
[PR]



by milou5 | 2012-05-07 21:01 | 映画

乱れる

e0234968_1854091.png

初めて見て感動しました。
単純明快でかつ美しく、無駄のないさっぱりとした切れ味。
日本映画の醍醐味みたいな名作。

すごく衝撃を受けて、なかなか言葉にできないほど。
なんて素晴らしいんだろ。
商店に整然と商品が並べられている様子ひとつとっても美しいし、
あの、二人が列車の中で少しずつ距離を縮めていく描写!
同じシーンの繰り返した後での、観る
者を突き放すラスト。

スーパー進出により商店の逼迫する様子も描かれてあるので
ただのメロドラマに仕上がってないのもいい。
映画も日本の大事な財産だね。
こんな後世に語り継がれていくような映画ってこれから出来るのかな?
[PR]



by milou5 | 2012-01-22 18:03 | 映画

男たちの挽歌

e0234968_20584875.jpg

シリーズもので1も2もおもしろいといえば、これです。
不朽の名作ですね。
初めて見た当時はマークかっけえ!と思いましたが、
今ではホー兄貴の渋さに惹かれ(笑)

色々な国の映画を見てて、一番親近感湧くのが香港映画なんですけど
きっと昔の日本の映画をお手本に作ってるからなんでしょうね。
体格も、香港の俳優さんは割と小柄ですね。
最近じゃめっきり韓流に押されて、香港映画なんてほとんど聞きませんね。

時々笑っちゃうようなシーンもありますが、やはり今見ても格好いいし、面白い。
私が生まれた頃の作品だけど、今こんな痛快娯楽作品てありませんからね。
音楽も◎キター!みたいなワクワク感がありますね。
金曜ロードショーとか、いつも同じのばっかやってるけど
こういうのやればいいのにね。
ちなみに2に出てるディーン・セキって人の顔がタイプ(笑)
[PR]



by milou5 | 2011-08-20 20:58 | 映画

ぼくを葬る

e0234968_2024871.jpg
ちょっとびっくりするようなシーンも多いので人には言いにくいのですが(笑)
大好きです。
というかオゾン監督作品大体好きです。
『まぼろし』だけはシャーロット・ランプリングがあんなに素敵なのに
何故かあまり印象に残ってない。

『ぼくを葬る』はなんといってもラストシーン。
美しい。何度見ても感動しますよ。
日常の汚い物を忘れられます。笑

ニヤッとする配役。
主人公の母親役に、あの『緑の光線』の人!(名前わからない)
この海辺はあのプポー君がまだヤサ男だった『夏物語』の海岸の近くだそうな。

映画を見てて、あっこの人どこかで見たことある・・えーっと
わかった、あの映画で何々役してた人だ!って頭の中でつながるとすごく嬉しい(笑)

話それましたが
オゾン監督は美しい映像×エグい内容がいいです。
[PR]



by milou5 | 2011-08-20 20:27 | 映画

バニラ・スカイ

2001・米
朝ケーブルでやってて思わず見入ってしまった。
これ、学生のころスペイン映画にはまってるとき、
原作のオープン・ユア・アイズを見ました。
イマイチ話の複雑さについていくのに必死で「なるほどねー」、
で終わってしまった作品。

バニラ・スカイのほうはリメイク作だけど、話はほとんど同じと言うことで
改めて(というかこっちは初見ですが)見ると、怖い映画でした。
SF作品のようにとらえていましたが、現実的ですね。
自分が頼みにしていたもの(この主人公はハンサムな外見ですね)
を失った人間の悲しい末路・・。

もしそうい事があっても、そのうちそれなりに生きる道が見つかるかも知れません。
この主人公はそうはいきませんでした。
科学技術に頼ったところで、自分の思い通りになる人生なんてないんですね。
実態はないが、思い通りの夢を叶えるのが幸せなのか?
それとも思い通りにならない現実を耐え抜いてこそ幸せなのか?

ストーリーは後から考えればこれもまた夢で・・みたいな感じになるけど
インセプションみたいに映像アイディア先行の映画とはまるで違う。笑
じわじわと尾を引くものがあります。
怖いけど、よく出来てる映画だと思いました。

そしてペネロペが初々しくて美しい~
こんな女の子いたら夢中になってしまいますね。
[PR]



by milou5 | 2011-08-10 22:33 | 映画

夏物語

e0234968_21315312.jpg

久しぶりに映画の話題
四季の物語で一番好きなのがこの夏物語。
優柔不断男のしょうもないお話なんですが、なんか好きで。
とにかく会話劇なんですが、(+散歩)ついて行けるんですよね。
今やギラギラのメルヴィル・プポーも初々しい大学生を演じてます。
大学時代ってこういう空回りみたいの経験する頃なんでしょうね。
自分も振り返ってみて思う。
きっと大学生のときに見てたらふーん、で終わってたはず。
この映画が心に残るのは印象的な音楽と綺麗な夏の日差しもありますね。
あと、とにかく散歩しまくるんですが、
写真じゃわからないけど、このアマンダ・ラングレのファッションが素敵で!
ビキニの上にダンガリーシャツ(?)を羽織ってハンチングかぶってるんです。
日本人には思いつかないファッション。
[PR]



by milou5 | 2011-07-21 21:35 | 映画

西川美和さん

e0234968_2024055.jpg

好きです。この監督は田舎のしがらみ社会のねちっこさとか
人間の表と裏とか、一歩踏み入った辛口の映画を撮りますね。
皮肉っぽいというか。見ると他人事でいられなくなる感じ。

最近だとディア・ドクター。
前半はいかにも優しくて、温かい村(町だったかな?)唯一のお医者さんが
少しずつ身ぐるみをはがされていきます。
田んぼのざわつきが印象に残る綺麗な映画でした。
映画館で見なかったのが悔やまれる。

田舎に住んでると一番困るのがお医者さんなんですよねー。
うちの町は一応一通り揃ってますが、耳鼻科や眼科は一つしかなく
いつも人があふれていて、殺伐とした空気が漂ってます。

「ゆれる」もなかなかねちっこいですが最強は「蛇イチゴ」。
どこにでもあるような普通の家庭が少しずつ崩壊していく・・
怖い映画です。また出てくる人間がリアルなんですよ。(宮迫以外)
コメディタッチで、軽やかに冷ややかな作りになってます。
二度と見たいとは思わない。好きなんですけどね。
最後は希望があるのでいいのですが。印象に残る映画でした。
新作が待たれますね。
[PR]



by milou5 | 2011-06-11 20:30 | 映画

水の中のつぼみ

e0234968_1213576.jpg

以前一度見たのですが、たまたまケーブルでやっていたので再度鑑賞。
フランスお得意のあやうい思春期ものですねー。
前見たときはあんまりピンとこなかったのですが、今の気分に合ってました。

やはり色づかいが綺麗なのと、淡い生々しさっていうのかな?
女の子たちがみずみずしく美しいです。
表情とか仕草とか、舐めるようにじっとり撮ってるのもよかった。
これもガーリームービーの範囲に入るのかな?

お洒落を全面に押してませんが、静かにさりげなく可愛いんですね~
主人公の女の子が着てた下着なんかも、コットンの淡い紫の小花柄で
プチバトーっぽい雰囲気。

色っぽいシンクロ女子・フロリアーヌの部屋のインテリアも素敵でした。
写真は主人公の部屋ですが。
花柄の少しビンテージっぽいようなクッション可愛かった~
前から白いベッドリネンが欲しかったのですが、
この映画を見て確実に買おうと思いました。笑
何かと映画を見ると影響されてしまいます。
[PR]



by milou5 | 2011-06-05 12:03 | 映画

Black Swan

始まりから時間の経過をほとんど感じませんでした!
映画一本を見たなあっていう疲労感が全然無いのに驚き。
あっという間の約2時間。
中身はいかにもアメリカお得意のストーリーでしたが
やはりベタは人の心を掴みますね。

バレエはあくまで映画の見栄えを良くするための飾りでしかありません。
何でもいいんです。芸術、スポーツ、お芝居、音楽・・。
娯楽作品としてよかった。すごくわかりやすい◎
ちょっと痛そうな描写も多いですが・・

リリー役のミラ・クニス、劇中では官能的とか言われてたけど
私はサバサバしたアメリカンギャルにしか見えませんでしたけど・・
ありえない映画の世界とは言えバレリーナが背中のタトゥーは嫌です。
ナタリーはあまり好きじゃないけどミラ・クニスと比べると
やはり繊細な顔立ちで綺麗だなーとは思います。

ヴァンサン・カッセルはなかなかのエロオヤジっぷりでした。笑
こんな先生あり得ませんが格好いいからよかったです。
初めて思ったけどアントニオ・バンデラスと似てる~!
ハリウッドに行くとチャラ男役がラテン俳優の宿命なのか・・

それにしてもナタリーはどんな役をやってても無理してるように見える。
そこがいいのかもしれないけど。
でもいつもやる気満々な所が偉いと思います。
実際はあのダンサーと結婚したんだよな~なんて思いながら見てました。

miss diorの新CMにも出てますが
いまいちソフィアコッポラの世界観と合ってない気がします。
前作の方が好き
[PR]



by milou5 | 2011-05-27 18:49 | 映画

ストレス解消のための内向的ブログ。メモ。
by milou5
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

-
at 2013-03-03 21:35
-
at 2013-03-03 21:33
-
at 2012-10-29 18:22
-
at 2012-09-23 14:24
ランニング靴下
at 2012-09-23 13:53

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧